頭痛は薬に頼らず治していこう!

頭痛の様々な対象方法についてご紹介いたします!

意外な頭痛の対処法

天気で変わる頭痛の原因と対処法とは?

雨が降りそうな日や雨降りの日に体調が悪くなったり、頭痛が起こったりするという人は意外と多いものです。なぜ、雨の日になると頭が痛くなるのでしょうか?その原因と、頭痛の対処方法について説明します。

低気圧が原因で頭痛が起こる?

雨が降りそうなどんよりとした日や雨降りの日は、何となく身体が重いと感じたことがあるのではないでしょうか?

その原因は、「気圧の変化」です。雨降りの日は気圧が低くなります。この気圧の変化が頭痛を引き起こす原因のひとつだといわれています。

なぜ気圧が低いと頭痛が起こるの?

「気圧」とは大気の圧力のことです。地面にかかる大気の重さで、上空に行くほど小さくなります。単位はミリバールやヘクトパスカルなどで表されます。

つまり、低気圧になることで圧が低くなると、地上の私たちにも圧が重くのしかかることになるのです。そのために脳の血管に圧力がかかってしまい、血管拡張によって神経を圧迫し、頭痛が起こりやすくなるといわれています。

低気圧で起こる頭痛と対処方法

急激な気圧変化でおこる頭痛は、血管拡張、神経ストレス、炎症などが起きすくなるため、「偏頭痛」になりやすいと考えられます。また、自律神経の乱れによって身体がだるくなるなど、体調が悪くなったりすることもあります。

偏頭痛の時の対処方法
1.血管が拡張しているので、拡張を鎮静させるために痛みの部分を冷やし、安静にする。
2.目から入る刺激を軽減するため、部屋を暗くする。
3.血管拡張を防ぐお茶やコーヒーなどのカフェイン飲料を適宜飲む。
4.普段から栄養のある食物とバランスの良い食事をする。

これらのことに留意して、低気圧による頭痛に対処しましょう。

-意外な頭痛の対処法